総量規制対象外キャッシング!即日審査に通りやすい銀行ローン

 
総量規制対象外で借りれるキャッシング!即日審査に通りやすい銀行ローンなら既に消費者金融で借り入れしてる人でもまだ新たにキャッシングやカードローンができるんです!総量規制対象外の銀行ローンなら審査が不安な方でも安心!
総量規制対象外のキャッシングならまだ借りれる!
既に消費者金融から年収の三分の一以上借り入れしてる人でも審査に通る!

なぜなら、銀行カードローンは総量規制対象外なんです!
↓総量規制対象外のキャッシングはこちら↓

 

銀行カードローンなら消費者金融よりも低い金利でキャッシングやカードローンができます。
ただデメリットとしては消費者金融のようなスピード審査で即日融資などはちょっと難しい場合があります。
ですが、総量規制対象外で借り入れするならやはり銀行カードローンがおすすめです。

銀行カードローンは審査が難しい?

いいえ、そんなことはありません。消費者金融と違い、銀行系カードローンは外部に審査を委託しているので、多少、審査に時間がかかる場合もあるようですが、きちんとお仕事をされていて収入があり、過去に遅延や事故情報などがなければ問題なく新たにキャッシングができる方が多いようですので安心です。

オススメの銀行系カードローンは、

三井住友銀行カードローン
みずほ銀行カードローン
オリックス銀行カードローン
三菱東京UFJ銀行カードローン

等が、評価の高い安心して利用できる銀行カードローンとなります。

 

カードローン 在籍確認

 

総量規制対象外と消費者金融について

 
消費者金融には総量規制という融資制限があります。

もともと消費者金融が貸付を過大にすることで、自己破産をする人が増えたため、消費者金融を規制する貸金業法で制限をする必要があると判断されたためです。

 

このような経緯でできた総量規制なので、ある意味消費者金融の自業自得という面があります。しかし、これにより経営が悪化した消費者金融が銀行に資本面等で援助を求めたことで事態は変わります。

 

銀行は貸金業法の規制を受けないため、一般的に総量規制対象外と言われています。銀行が消費者金融を事実上傘下に収めたことで、融資ノウハウを吸収しました。そして、実際の審査を傘下の消費者金融に任せることで、銀行自らがカードローンの提供を始めたのです。

 

これが総量規制対象外のカードローンなのです。

銀行はもともと消費者金融と違い、預金者からタダ同然で資金調達を受けています。そのため、カードローンも低金利で提供することができます。しかも総量規制がないので融資は自由にできます。どう考えても総量規制対象外の銀行の方が有利なのです。

 

こうして、消費者金融の経営は更に悪化していくことになりました。現在では、大手消費者金融のほとんどが銀行傘下に入っています。入らなかった消費者金融はつい最近まで、取引銀行に対して任意整理を申し立てて、最近更生計画を終了したというニュースがありました。

 

総量規制対象外の銀行が、消費者金融と同じ土俵の上で融資をしているのはアンフェアだという意見もあり、最近は貸金業法も条件付きで消費者金融にも総量規制対象外の融資を認めています。消費者金融が企画しているおまとめローンがその一例です。

 

また、カードローン自体も一定条件下で総量規制対象外にしようかという法案が検討されているようです。

 

利用者の口コミ評価を紹介。

 

消費者金融と迷いましたがやはりイメージが良いのと低金利で銀行カードローンを選びました。審査も思ってたよりも早かったので良かったです。なにより銀行なので安心してキャッシングが出来るのが良かったです。最初は少額の借入れで大丈夫ですが、そのうち長期ローンを組むことを考えています。銀行に新しく自分の口座を持てた感じで嬉しいです。
(30代・江東区・男性)

 

総量規制という言葉を最近知りました。個人の事業を展開するために借入れを考えていたので、年収の3分の1までしか借り入れができないキャッシングの選択肢は無いなと思っていたので、銀行カードローンは有り難いと思いました。高額借りて長期返済となると低金利というのも重要です。月々の返済に金利が負担にならないのは助かります。
(30代・川崎市・男性)

 

消費者金融はどうも苦手。キャッシングって言われても良くないイメージがある。でもカードローンだと大丈夫なのはなんだろ。銀行カードローンというと信用できて安心して借りれる感じ。やはり審査が厳しい方がいいのかもしれない。キャッシングというとなんか簡単にお金を借りれちゃうイメージあるけど、銀行だと信用される人しか借りれないというイメージ。お金を借りるということでは同じなのにね。
(30代・川崎市・男性)