総量規制対象外?クレジットカードのキャッシングやカードローンについて

 
総量規制の対象は貸金業法で規制している金融機関の無担保貸付です。そのため、結構その範囲は広いです。
カードローンはもちろんですが、これにはクレジットカードのキャッシングサービスも含まれます。これに対し、ディーラーで設定しているマイカーローンは車検証に担保提供の登録をするため総量規制の対象外です。

また、ディーラーによっては独自に顧客に対して貸付をしていることがあります。利息を取っていることもあるため一種のヤミ金のような形になっていますが、信販会社の審査に通らない人向けにこのようなサービスを提供しているのです。もちろんこれも総量規制対象外です。

 

このようにクレジットカードのキャッシングやカードローンは総量規制の対象になります。がしかし、カードローンの中には総量規制の対象外となるものもあります。

 

貸金業法の規制対象にならない銀行やJAなどのカードローンは総量規制対象外です。これらの金融機関では、総量規制の「年収の3分の1」ではなく、年収の半分程度を事実上の上限として融資限度額を決めていることが多いようです。

 

また、総量規制は個人のローンに限定されていますから、事業用のローンは対象外です。そのため、ビジネス用のカーとローンは総量規制対象外です。

 

クレジットカードのキャッシングもカードローンも、消費者金融や信販会社のものを利用すると総量規制の対象になるため、利用にあたっては限度額がいくらになっているかを確認する必要があります。

 

また、総量規制の対象は「実際に借りている金額」ではなく「利用できる額」です。案外知られていないようですが、借りていなくても融資枠があるだけで総量規制の対象になることに注意が必要です。